弁護士費用の目安

以下は概ねの目安であり、具体的な事件の内容によって変わることがあります。下記の金額に消費税額が上乗せされます。また、事案や資力によっては、法テラスの立替払い制度を利用できる場合もあります(その場合の弁護士費用は法テラスが決定します)。これらの費用以外に裁判所に納付する印紙代などの実費がかかります。

訴訟事件・家事審判事件
着手金

事件の経済的な利益の額が 300万円以下の場合 経済的利益の8%
300万円を超え3000万円以下の場合 5%+9万円
3000万円を超える場合 3%+69万円

成功報酬

事件の経済的な利益の額が 300万円以下の場合 経済的利益の16%
300万円を超え3000万円以下の場合 10%+18万円
3000万円を超える場合  6%+138万円

※ 着手金の最低額は10万円です。
※ 交渉事件・調停事件の着手金、成功報酬はこれに準じて計算しますがそれぞれの額を3分の2程度とする場合があります。

離婚事件の着手金・成功報酬
調停事件・交渉事
着手金   20万円~40万円
成功報酬 20万円~40万円
(財産分与、慰謝料請求は、訴訟事件の着手金・成功報酬に準じる)
訴訟事件
着手金   30万円~60万円
成功報酬 30万円~60万円
(財産分与、慰謝料請求は、訴訟事件の着手金・成功報酬に準じる)

遺言書の作成
定型のもの  10万円から20万円の範囲内の額
非定型のもの 20万円以上

遺産分割事件
着手金   20万円~50万円
成功報酬 訴訟事件・家事審判事件の成功報酬に準じる。

個人破産事件
30万円
(破産管財人が選任される事案、事業者の破産の事案、その他複雑な事案では増額する)

個人再生事件
30万円(事案が複雑な場合には増額する場合がある)

任意整理事件
原則として1業者あたり3万円

PAGETOP
Copyright © さっぽろ法律事務所 All Rights Reserved.